セフレの関係について

セフレというのはどこからがセフレの関係になるかというのが考えると結構わかりずらいなと感じました。

彼女という認識はまずナシにはしなくてはいけないのかなと思いました。また彼女ではないのでデートというものはいらないというものなのかと思いました。
いっしょい
セフレというものは何人いてもいいのかということも疑問に思いました。彼氏彼女ではないので、浮気も何もないのかなと思いました。

私は今までができたことがないのでわからないのですが、どんな流れで付き合ったり、そもそもセフレ 出会いの方法が分かりませんので、出会いの場も気になります。もしかしたら女の子の場合は狙っている男が既に彼氏持ちだから、彼女になることはできないからだったら、性欲を満たしてあげるセフレの方を選択しているというのもあるのかなとも思いました。
セフレってなかなか人には、彼氏彼女と違って紹介できるものではないから、実際にどのようにして関係を保っているのかなということも気になります。

プレゼントや一緒に旅行へ行くこともセフレって嫌がる人も多いそうですが、そう考えると本当に必要な部分だけ一緒に居られて、かなりおいしいポジションであると言えますね。

私もどちらかというと異性の出会いに対してはデートを少しずつ重ねていってというのはめんどくさくて、最初から体だけの関係でいいじゃんと思えるタイプの人間なので、セフレの関係のような、何を一緒にするかがすぐに決まっている方が、色々と楽でいいと思えます。
東京都 20代 男 サービス業

きっかけはサッカーのサイトでした


今年になってサッカー好きで良かったと思うことがあったので紹介させていただきます。
基本的にJリーグのチームよりも日本代表のファンである私はある日本代表を応援するサイトを発見して、私と同じように日本代表を応援している21歳の同じ歳のREOという女の子と知り合うことができました。
REOは日本代表の試合がある日はバイトを休んででも欠かさず観戦にいっているそうで、その熱意はサイトを通じても感じることができました。
この時はまさかREOとセフレになるんて思いもしなかったのですが、REOが開設しているSNSを見てしまったことで私の感情にある変化が表れてしまったのです。
SNSには写真がアップされていてユニフォーム姿のREOがめっちゃ可愛かったのです。
それを機に何とかセフレになりたいと思うようになり、代表戦のチケットを2枚購入して誘ったりしていたのです。
そしてとうとう今年代表戦の帰り道でセフレへと昇格したのです。
試合終了後に食事をしてお互いにお酒が入っていたこともあり、テンション高めになっていて勢いのままホテルに行ってしまいました。
ユニフォーム姿のREOを強く抱き締めてユニフォームの内側に手を伸ばしていき胸を触らせてもらいました。
大きさはそこまでなかったのですが、すごく柔らかくて乳首を摘まんだだけで直ぐに声を発して感じていたのです。
そうなるとセフレへの道はあっという間で愛撫も省略して男の欲望のまま腰を動かし続けたのです。
そして翌日になるとREOのサイトには私の写真もアップされていました。
埼玉県・20代・男性・フリーター

 

サイトマップ